読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコ太郎の正体や紅白、YouTube動画などまとめブログ

ピコ太郎の正体や紅白、YouTube動画などをまとめてみました!

ピコ太郎は一発屋!?

ピコ太郎は一発屋!?

 

 

2016年大ブレークを果たしたピコ太郎さん。今や知らない人はいないのではないかとさえ言われていますが、このように一つの曲やネタで物凄い注目を集めてしまうと必ず言われるのが「一発屋」という言葉でしょう。

 

 

果たしてピコ太郎は「一発屋」になるのでしょうか?

 

 

なぜピコ太郎が一発屋になると言われているのか?

 


まず理由としては今までにもドカーンと売れて急に消えていったケースが多いからでしょうね。

 

 

最近ではラッスンゴレライでブレークした8.6秒バズーカーや、あったかいんだからぁで音楽番組にも出演したクマムシ。

 

 

ピコ太郎さんの場合、肩書きは一応シンガーソングライターですので立場は違うものの、同じく”リズムネタ”と一括りににしちゃえば彼らと同じ。

 

 

それ故にピコ太郎さんも同じ運命を辿るのではないかと言われているようですね。そして、PPAPのすぐあとに配信した「ネオサングラス」があまり話題に上らず、かなり再生数が多いものの「やっぱりPPAPの方が面白い」と言われている現状です。

 

 

PPAPが飽きられたらすぐに消えると思っている人が多数なのですね。

 

スポンサーリンク
 

 

一発屋にならないためには?

 


ピコ太郎さんが、先程上げた一発屋芸人と言われている方達と違う点といえば「キャリア」ですね。

 

 

皆さん気づいている方も多いとは思いますが、プロデューサーの古坂大魔王さんはピコ太郎さんと同一人物。

 

 

古坂大魔王さんといえば、「底抜けAIR-LINE」というコンビで活動していたことも有名ですし、くりーむしちゅーの上田さん、土田晃之さん、爆笑問題の太田光さんなど一線で活躍している方々に「日本一面白い」と言われている方ですから。

 

 

一発屋では終わらない、終わって欲しくないという個人的な意見です。中には「楽屋では面白いけど、本番は面白くない」という意見もあったので、今後その楽屋での面白さがお茶の間にも伝われば!という事もありますね。

 


そしてピコ太郎さんの場合、次々に新しい動画を配信していることですね。

 

 

「ネオサングラス」は確かにつまらないという方もいますが、今は絶大な人気ですからなんやかんや新しい動画が配信されると気になって見てしまう。

 

 

その中から新たなヒットが出れば一発屋は回避されるのではないでしょうか。

 

 

勝手な思い込みですが、ピコ太郎さん自身は「ぽっと出の、ぽっとはけ。」と自虐するぐらいですから、一発屋になりたくない!という思いよりも、自分の好きな面白い曲を発信したい、それで共感してくる人がいればいいなというイメージですね。

 

 

これからも媚びないピコ太郎ワールド全開な新曲期待したいです!

 

スポンサーリンク
 

 

【関連動画】 

pkt.hatenablog.com

pkt.hatenablog.com